今日の読書感想文【のび太の漂流記】

最近ドラえもんの漫画を読むことにハマっている長男。

自分なりに印象に残った部分を発信したいということで、「のび太の漂流記」を読んだ感想をノートに書いていました。

子どもが書いた内容をそのまま転記しているので、読みにくいとは思いますが、良ければ見てやってください。

のび太、無人島に行く

無人島

のび太がおかあさんに「わりばしをちょうだい」といって、わりばしをもらいました。そのわりばしで、むじんとうをのび太がみつけようとしました

ドラえもんにそうだんしてむじんとうにいきました。のびたはだれにもめいわくをかけないと、いいました。

けどのびたは、めいわくをかけないと、いかだだけせわになろうといって、うみにいきました。

のびたは、むじんとうがみつからないので、のびたがこまっていて、ドラえもんがみつからないようにのびたをたすけました。

ドラえもんに助けられるのび太

救助

やっとドラえもんがたすけたので、むじんとうにつきました。のびたたんとうとなづけようといいました。

のびたがおなかがすいたので、たべものをさがしてもみつかりません

ドラえもんが「だからりゅっくをもっていけ」といいました。

無人島生活の厳しさを実感するのび太・・・

厳しい

なんとかドラえもんがたすけたので、きのみがたべられました。そのあじは、パンみたいなあじがします。

そのとき雨がふってきて、ドラえもんがのびたをきづかないようにおして、こやがあり、そのこやにはいりました。

ふくがむれ、きがいもありません。ドラえもんがこっそりふくみたいなはっぱを二まいおきました。二まいかさねると、ふくになりました。

つぎのび太はのどがかわいて、かくれてドラえもんがわきみずをだして、のびたがそれをのみました。

日がしずみ、のびたは「くらくなるでんとうもないテれびもないふとんもない」といいました。

無事に帰宅するのび太

home

ドラえもんは、ドコデモドアでおかあさんをよんで、むかえにいきました。

そしてつぎの日、ともだちにむじんとうにいったことをはなしました

ドラえもんは子どもの読書に最適

自宅で過ごす時間を退屈に感じやすい子どもにとって、ドラえもんの漫画はドキドキワクワク感を楽しみながら文字や絵に親しむ良い機会になります。

ドラえもんにはさまざまなシリーズが販売されているため、たくさんのお話を飽きることなく読み続けることができますよ

ここで記載した読書感想文を参考にして、ドラえもんの漫画を手に取ってもらえたら嬉しいです。

のび太の漂流記は、ドラえもん第6巻に掲載されているので、良かったら読んでみてくださいね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドラえもん(6)【電子書籍】[ 藤子・F・不二雄 ]
価格:462円 (2020/4/27時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TVアニメDVDシリーズ いつでもドラえもん!! 7 のび太漂流記[本/雑誌] / 小学館
価格:1078円(税込、送料別) (2020/4/27時点)

楽天で購入

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です